脱腸は放置すると危険

腰をおさえる男性

鼠径ヘルニアは股の付け根部分にしこりのようなものができる病気です。身体の内側に穴が開き、そこから小腸等がはみ出してくるのが主な原因です。治療には外科手術が必要で、最近では人工シートを使って穴を修復する治療法がよく用いられています。

詳細を確認する...

集中力の低下を招く

眠る女性

睡眠時無呼吸症候群は、10秒間呼吸が止まる無呼吸状態が、1時間に5回以上か7時間の睡眠中に30回以上起こる症状をさします。多くは、脂肪が気道を圧迫することによっておこります。そのため肥満と密接な関係があります。集中力の低下や日中の眠気で重大な事故を招くこともありますので、早めに医師に相談しましょう。

詳細を確認する...

検索がおすすめ

笑顔の女性

病院の口コミサイトは、さまざまな情報を得ることができるといえます。特に難しい病気などのときには、おすすめです。また、セカンドオピニオンを受けることは、失礼には当たりません。合う病院を見つけてみてはいかがでしょうか。

詳細を確認する...

内科を受診するメリット

病気にならない体づくり

眠る男性

病気の治療には薬の服用や外科的手術が必要な場合が多くあります。しかしそれ以外にも症状を改善したり病気を予防する方法があるのです。それは毎日の食事やライフスタイルを見直し改善するという方法です。病気になるには何かしらの原因が生活習慣に潜んでいることが考えられます。内科や外科での治療をおこなうのと同時に、食事や運動習慣などを改善することで健康な体を取り戻したり症状の悪化を防ぐ効果が期待できます。病気になったら治すという考え以前に、病気にならないための体づくりが重要です。更年期障害は、女性ホルモンの分泌が減少する閉経前後に起こりやすい症状です。ホルモン分泌を促す食材やサプリメントを積極的に食事に取りいれることは、更年期障害の予防にも効果的です。

内科での治療や処方

更年期障害かもしれないと悩んでいる人の中には、何かを受診するべきかわからない人もたくさんいます。更年期障害は婦人科や内科で診てもらうことができます。婦人科に通うことに抵抗がある場合には、かかりつけの内科でも治療が可能です。更年期障害に似た症状でも実は他の内科的な病気である可能性もあるため、まずは内科にかかると総合的に判断してもらうと安心です。更年期障害の治療には、ホルモン補充療法や精神的な安定を保つために精神安定剤を処方されることもあります。ドラックストアやインターネット上では、更年期障害の症状を緩和させる効果のある漢方やサプリメントが販売されています。症状に合ったものを使用するためには医師に処方してもらったり相談することが大切です。